SEO対策を行う上で、一番考慮すべきなのは「Googleが目指しているものは何か?」を意識することだと言えます。なぜなら、Googleの目指しているものは、ザックリと言えば「良いコンテンツを正しく評価すること」だからです。

問題は「どうやって”良いコンテンツ”と評価するか?」ですね。恐らくGoogleが目指しているのは、人間が読んで「良いコンテンツだ」と評価する基準を、可能な限りAIに反映することではないかと個人的には考えています。言い換えれば、人間の「感覚」に限りなく近づけることを目指し、Googleは日々検索アルゴリズムをアップデートしていると予想されます。なので、率直に言って細かい「SEOの評価基準」を追いかけてもキリがないし、場合によっては逆効果になるリスクもあります。

例えば、以前は「メタキーワード」にターゲットとなるキーワードを設定することが効果的とされていました。しかし、現在はGoogleのアルゴリズムが進歩したことや、メタキーワードを悪用する人がいたことなどもあり、メタキーワード設定はSEOにおいて重視されなくなりました。

メタキーワードの例からも分かるように、以前は効果的とされた施策がアルゴリズムの変化で効果を失うというがSEOの世界ですから、細々としたことを追いかけすぎるのは中長期的に見てあまり意味がないのではないと思います。

もちろん、基本的に押さえるべき点はあります。例えば、Googleに評価されやすいサイト構築をすること、記事作成においてH1、H2、H3など、タイトル・見出し設定を正しく行うこと、モバイル表示での使いやすさなどが挙げられるでしょう。

あとは「良い記事を作成すること」が何よりも大事では無いかと思います。例えば、ターゲットのキーワードをなるべく多く記事内に入れようとして、不自然で読みにくい文章になるのは避けた方が良いと考えています。なぜなら、GoogleのAIもどんどん進歩し、恐らく「読みやすさ」もどんどん人間の感覚に近づいていくと予想されるからです。よって、故意にキーワードをちりばめるよりも、特定にキーワードで検索した人が知りたい情報を分かりやすく提供することを重視する方が、細かいテクニックを駆使した記事よりも、中長期的に評価されSEOに強くなるのではないか?と思います。

そのような観点で、「SEO対策は、Googleが目指す”本質”を押さえればよい」というのが私の結論です。